ストレス体制を高める

フィットネスクラブでも行われているマインドフルネス瞑想は、どうしても宗教色がありそうと考える人もいるでしょう。確かに元になっているのは禅宗の流れであるのは間違いありません。開発されたときには元にされているといわれていますが、フィットネスクラブでおこなわれているマインドフルネス瞑想には全く関係がなくなりました。宗教色よりももっと科学的に考えて分析が進められている方法ですので、何ら心配はいりません。

マインドフルネス瞑想ストレスを軽減できるようになる方法ですが、うつ病の再発防止や対策、認知療法といったことにも使われるようになってきています。これも、ストレスに対する過剰反応を防止するという面が重要です。穏やかな心にすることで、ストレス耐性をあげて苦しい思いもしないで住むように改善していくところがポイントになってくるでしょう。

ストレスをため込んでしまうことは、さまざまなデメリットを生み出します。肉体的な脳力も低下させますし、大きな病気の危険性も高まるのはよく知られているでしょう。健康な体を考えていくのがフィットネスクラブでもあるのですから、心と体のバランスを取るためにも、マインドフルネス瞑想を取り入れてみるといいでしょう。


心にアプローチする

インストラクターフィットネスクラブでおこなうマインドフルネス瞑想は、まずは肉体的な緊張をほぐします。肉体的な緊張があると、精神的な部分にも影響するからです。参加者全員でストレッチをしたり呼吸を整えていきますので、何も難しいことはありません。あとはインストラクターが指示をしている通りに瞑想していけば、マインドフルネスの状態に入りやすくなっていいきます。一度体験してみると、これがどんな状態になるのかがわかるようになるでしょう。

フィットネスクラブでのプログラムを見た時に、気がつくことがあるのが精神的にリラックスしている状態にあります。心身ともに緊張がほぐれているという部分があるはずですが、自分に合った状態を作り出せるからこそ、こうした状態になり、心地いいと感じるのです。精神的にリラックスしている状態ともいえるでしょう。マインドフルネスでも、瞑想をしながらリラックスしていきます。運動によってアプローチするのとは異なりますが、自分自身でコントロールもできるようになるのが大きなポイントです。強いストレスなどからも解放できるようになっていくため、うつ病といった病気の対策としても有効になってくるでしょう。心の部分にアプローチするのは、重要なことなのです。